読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場復帰後の週末

エマです。

職場復帰をしてから初めての週末。職場もちょうど繁忙期終了後で、静かに仕事を始める事が出来、穏やかに過ごす事が出来ました。スタートをフォローしてくれた上司や同僚たちには感謝です。

朝も旦那が居てくれるだけで心強いし、慣らし保育をしてくれる事は有難い。次男も泣いたりパパにベッタリだったりしているそうだけれど、オヤツを皆んなで食べたり頑張っている模様。とはいえ、慣らし保育前に先に長男を預けに行くと(別階)、同じグループで遊びたいのか、自らズンズン長男のグループの部屋へ入って行くんだとか。

仕事が終わって帰宅して、夕飯時から寝る時間までが戦場のようにバタバタ。家事や細々とした雑事に追われて中々子供たちに寄り添って一緒に遊んであげられなくて申し訳なくもあるし、私自身も寂しい。長男次男とお世話になった助産師さんには家事は後回しでも良いと言われてはいるものの、やはり必要最低限やっておくべき事もあるし…。

 今日はまたしても自分のオモチャに触られたくない長男と一緒に遊びたい次男との間で諍いが。何度注意しても仲裁しても、何度も何度も同じ事の繰り返し。夕飯後に今日これで何度目かと聞きたくなる諍いが再び。次男も好戦的で噛み付いて応戦、長男大泣き。なんかもう心が折れそうに。たまには仲良く遊べる時もあるのに、何でいつも仲良く出来ないのか。まぁ私だって自分の都合の良い時だけ妹と仲良くしてやってた身、それでも此れ程の喧嘩はしなかった。男女の性差なのか、はたまた生まれ持った性格の違いなのか。いつかホントに仲良く遊べる日が来るのかな、あんな事もあったねと笑いながら語り合える日が来るのかな。兄弟喧嘩を止めていると、うちには三人子供がいるね、という旦那。その落ち着きや寛容さには羨ましく思うけれど、14歳も違う弟がいて一人っ子として育った彼には近い年齢差の兄弟姉妹との諍いなんて分からないよ、とつい僻んでしまう。彼には彼なりの兄弟間の、何方かと言えば親に対する苦しみがあったのだろうけれど…

取り敢えず、心が折れそうになる事は多々あれども、可愛い子供たちに癒されながら頑張ります。

f:id:Mimilein:20170305215837j:imagef:id:Mimilein:20170305215851j:imagef:id:Mimilein:20170305215912j:image