次男、頑張る。

エマです、こんにちは。

苦節5年、次男がどうやらオムツ卒業です。小は3歳位でトイレで出来るようになったのですが、大の方がね…。

個人差に寛容な国柄からか、幼稚園の先生にも小児科医にも、5歳はまだ個人差の範疇と言われてきたこのテーマ。日本の母には3歳の時点でさえ、甘えだとブツクサ嫌味を言われてきましたし、1歳で完全にオムツの取れた旦那も結構怒りながら次男を説いていましたが、生理現象を強いる事は出来ません。とはいえ次男の場合、トイレに座るのが怖いというのはないみたいでしたが、心理的にオムツの方が安心して用を足せるみたいです。

旦那にオムツは駄目と言われて我慢してしまう次男。我慢し過ぎて3日も4日もしない事もあります。先日もそんな状況の中で、もよおしてきてしまい、ちょっと漏らしたかも、と慌てる次男をトイレに座らせると、出ました。オムツが間に合わず出てしまったという感じ。トイレでする自分が怖くなって、用を足しながら泣いて叫んでいました。でも家族皆んなに褒められまくりでした。

それからまた暫くは矢張り我慢してしまうのか何も出ず。1度我慢のし過ぎで粗相がありましたが、それからまた2、3日して、再びトイレに座らせると、おっかなびっくりですが、出来ました。その後も成功。ただ自分からはトイレに座らないので、座るように声掛けなどの誘導が必要ですが、まだまだ強情に我慢する事も。

買い置きのオムツはまだ、何かあるといけないから、取って置いて欲しいとの事。それで安心して心置きなくトイレでチャレンジ出来るならお安い御用。

ゆっくりだけれども、少しずつ成長している次男。これからの成長に期待したい。

f:id:Mimilein:20210611034459j:image

水底にいるような気分にさせる空模様。蒸し暑い日が続いています。

皆さんもどうぞお身体ご自愛下さい。

 

第一回ワクチン接種してきました。

エマです。

先週の土曜日午前中に第一回のワクチン接種をしてきました。大きい町なので見本市会場が接種会場となっています。歩いて行けなくない距離ですが、時間通りに着きたいし、体調万全で臨みたいので地下鉄で会場まで行きました。土曜日の早朝なので地下鉄は空いていました。

1. 入場まで

会場も分かりやすく、混雑を避ける為に入口は会場前正面入口と裏口と二つに分け、警備員さんが人の出入り状況を見て、どちらから入場するか指示していました。まだ人もまばらでしたが、私は裏口からの入場でした。先に入口前の窓口で身分証とQRコード入りの予約メールを見せて、A6サイズのQRコードの書かれた型紙を貰います。第一回目と二回目や特殊ケースごとに型紙の色やデザインが異なり、一目見てすぐ分かるようになっています。

2. 会場入り前

建物に入るとまた窓口があり、QRコードの型紙と予約メールと併せて送付された用紙(事前に記入しておく必要有)と接種パスを提示、記入がされているか等の内容チェック後、返却されたそれら書類を持って、接種会場内へと進みます。

3. 会場入り

会場に入ると、少し並んでから、まずは各ブースにいるドイツ赤十字などから派遣された衛生士さんに書類を渡します。記載内容を専門的に見ながらPCに必要事項を記入して処理します。それからブース付近に待機している医師の一人を呼び、内容を二人で確認。私の場合、アレルギーが幾つかあるので、医師と確認。最終的に、接種に同意する旨を問われます。この同意は接種を受ける全ての人に確認をします。それから衛生士さんと医師が署名。接種ブースがある会場へ入ります。席は毎回巡回している人が消毒してくれます。

4. 接種ブースへ

接種ブースはオープンスペースにはなっておらず、簡易個室となっています。試着室のように空いているかいないかを青と赤の点灯式で確認出来、警備員さんが何処で待つか指示します。順番待ちの間は、個室前にある消毒済みの椅子に座って待ちます。個室内には医師と看護師が待機しています。私の場合二人とも女性で、気さくな雰囲気で過ごせました。注射は基本看護師がし、接種パスや書類への署名等は医師が行います。

5. 待機

接種後、接種ブースの裏にある待機場所に座って、副作用による体調不良が出ないかどうか暫く待ちます。ここも人が動く毎に、係の人が素早く椅子を消毒してくれます。およそ15分程が待機時間の目処です。しかし、その後外へ退場する為の最終窓口まで、そこそこ並ぶので、私は10分待ってから、列に並びました。

6. 退場

最終窓口には医師がおり、ずっと手にしていた書類を出し、内容確認をしてもらい、接種完了の情報処理をして貰います。「良い一日を!」の声と共に全てをコンプリート、退場です。

 

今回は早朝だったのもあり、案外待つ事もなく、スムーズに終わりました。裏口から出ずに正面入口から退場出来るので見本市会場を突っ切りましたが、私が退場する頃にはもう混雑して長い列になっていました。なので今回は待ち時間も少なくてラッキーでした。第二回接種は7月。次回も土曜日ですが、18時過ぎと遅いので、混雑しているかもしれません。

私の接種したバイオンテック(ファイザー)は第一回目より第二回目の方が発熱等の副作用が出やすいとの事ですが、私の周りの人たちは第一回目で結構ダウンしていました。発熱よりも、どちらかというと倦怠感と悪寒が出た人が多かったです。腕も痛くなるとの事でしたが、若い頃打っていた筋肉注射に比べると、かなり楽でした。ただ低気圧の影響か、頭痛があったので、その日一日は静かに安静にしていました。

元々、ワクチン接種には懐疑的なところもあったのですが、我が家は近親にリスクグループ患者がいるし、小さな子供たちがいる中で、旦那と私のどちらかが倒れては困るので、接種ありき、しか選択肢はありません。旦那はまだ予約すら取れておらず、私の場合は、雇用者がすぐに社員へ、接種の条件になる証明書作成に対応してくれたので、予約が早く取れて幸運でした。良いも悪いも、私の雇用者は損得勘定に長けており、判断が素早いところがあります。そういう点は、ドイツで雇用者としての企業賞を受賞するなど評価されていたりします。

ドイツのワクチン接種は今のところ順調に進んでいます。夏頃には恐らく12歳以上の子供たちの接種も開始されると思います。接種が必ずしも完全な防疫ではないですが、少しでも早く収束へ向かう事を願ってやみません。

皆さんもどうかお身体ご自愛下さい。

 

f:id:Mimilein:20210604044210j:image

 

本日発売!「呪術廻戦」16巻、「生者の行進Revenge」4巻

最近読んだ漫画: 「ふたり明日もそれなりに」

バタバタしていました。

エマです、こんにちは。

5月ももうすぐ終わりだというのに、随分長い間、ブログを更新していませんでした。

急な学校再閉鎖、再開の繰り返しや、子供たちがいる中での在宅勤務、学校や習い事の課題やオンライン授業など、通常勤務しながらの子育てとはまた違う忙しさやストレスで、暫くブログから遠ざかって、空き時間に漫画ばかりを読むという現実逃避をしていました。おかげで面白い漫画に出会う事も出来て嬉しかったです。

また少し前に、長男に全身麻酔での手術があったり、近所で不発弾が発見されたりと、バタバタしていました。長男の手術は日帰り30分程度の簡単なオペでしたが、全身麻酔なので心配でした。丁度花粉の時季で、花粉症、アトピー性皮膚炎持ちの長男は、全身麻酔との相性が悪く、実際には麻酔中に肺がうまく機能しないトラブルがありました。それでも手術前に飲まされる薬で酩酊状態からの全身麻酔、術後もさして痛みもなく、元気に回復しました。2日も経つと、元気いっぱい弟と戦える位に完全復活。

今年の4月は寒く、5月に入った現在も天気が変わりやすく、雹や霰が降ったりと雨も多いです。それでも太陽が出れば大分暖かくなってきて、ポプラの綿毛が雪のようにふわふわ飛び、あちこちに積もる季節になってきました。

本日ようやく私のワクチン接種の予約が取れた旨の連絡が市からありました。来週末と7月の2回、バイオンテックのワクチンです。バイオンテック(ファイザー)は2度目、アストラゼネカは1度目の接種で発熱や倦怠感などの副作用が出やすいそうです。私もアレルギーが幾つかあるので、少し不安ではありますが、気持ちを前向きに、ワクチン接種へ行ってこようと思います。

何だかつらつらと書いてしまいました。

皆さんもどうかお身体ご自愛下さい。

f:id:Mimilein:20210521053912j:image

最近読んだ漫画: 「転スラ」「呪術廻戦」「スキップとローファー」

 

 

 

 

 

満身創痍

エマです。

満身創痍、我が家の掃除機の事です。

一昔前は営業さんが歩いて売り回っていた高額家電Vorwerkの掃除機。旦那一族が大好きな家電です。本当に丈夫で、部品さえ交換すれば20年は使える家電(交換・代替部品も高額)。旦那の祖母が、重い家電を買い換える際に譲り受けて、6-7年前に我が家にやって来ました。

我が家に来てからもあちこちガタがきて、その都度ダクトテープで修繕したり。先日子供たちが家の中を駆け回って遊んでいた際に倒して、またまた破壊度が進みました。今回新しく購入するか代替部品を購入するか悩みどころでした。代替部品も古い型なので在庫があるかも謎。メーカーに問い合わせればある筈ですが、ついAmazonを見てしまう。部品も100ユーロ単位で高額、新品もピンキリだけれど、我が家の掃除機タイプだと800ユーロ位。洗濯機より高いとかって…目が眩みます。それに加えて、先日掃除機用紙パックを大量に購入してしまいました。なので、旦那が解体して修繕し、ヒートガン接着剤も使って、最後はダクトテープでぐるぐる巻きに。本当に満身創痍です。

f:id:Mimilein:20210405225809j:image

壊れるのが先か、紙パックがなくなるのが先か。紙パックがなくなるのに、まだ2、3年かかりそうなので、我が家の掃除機にはもう少し頑張って貰いたいところです。

しかし家電とは大抵同時期に壊れるもの、洗濯機も10年目にして調子が悪いです…。

 

 

復活祭休暇中

エマです。

本日は復活祭の日曜日、子供たちが楽しみにしていた朝食の後に、復活祭の兎が隠した籠を探しました。私を急かす2人に「兎さんに電話してからね〜」とのらりくらり、朝食の片付けを済ましてから宝探しのミッション開始。

f:id:Mimilein:20210405043031j:image

以前は適当に書いた地図の印を基に探していた次男、今年は地図を読もうとして奮闘。

f:id:Mimilein:20210405043214j:image

ごめんよ、テキトーな地図で。

長男は案外早く見つけ、次男の地図の印が中々見つけられず、私も少し手助けしました。

f:id:Mimilein:20210405043452j:image

2人揃って開封。チョコとドラゴンボールの鉛筆、そしてNINJAGO のトレカとフィギュアのついた雑誌。喜んで貰えました。

f:id:Mimilein:20210405043651j:image

長男からは学校で作り方を教わった兎の折り紙を貰いました。そして皆んなで一緒に作り方を長男に教えて貰いました。

それからイースターエッグの色つけ。卵がもっとあれば沢山作れるイースターエッグ、でも沢山ありすぎても食べきれないので6個だけ作りました。乾かしている間に色水で遊ぶのも楽しみです。

f:id:Mimilein:20210405044155j:image

兄弟楽しく色水遊びに勤しんでいる間、私はバティックしてました(日本語で何というのでしょうね。インドネシアのろうけつ染め布地が由来なのかしら)。こんなのです↓

f:id:Mimilein:20210405044408j:image

安い半紙は思った程色水を吸ってくれなかったので、キッチンペーパーで。思いのほか面白かったので何枚も作っていたら、子供たちもやりたい!となり、一緒にバティックして遊びました。最後の方は色水遊びで出来た同色系ばかりでしたが、綺麗に出来て、子供たちも楽しめました。

f:id:Mimilein:20210405045215j:image

その後、遅い昼食を摂って体が義実家の庭へ遊びに行って来ました。何だかんだで帰宅が遅くなり、イースターエッグに模様付けが出来なかったので、子供たちはやりたがりましたが、お楽しみは明日へ持ち越しです。

復活祭らしい遊びが出来た今日は100点満点💯

f:id:Mimilein:20210405045619j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう第一四半期終了

エマです。

先週末からサマータイムになり、日本との時差が7時間になりました。昨年3月末から在宅勤務になって適当に起きる習慣がついている所為か、今年はサマータイムのリズムにうまく体が慣れません。2021年も1/4があっという間に過ぎて、もう4月が始まりました。

先週金曜日からこちらは月曜日まで復活祭の祝祭日、その後から2週間復活祭休暇で学校はお休みです。予定では休暇明けから学校も通常授業になるそうですが、現在のところ感染者数がまたジワジワ増えてきたので、どうなのかは休暇が終わる前に政府・州決定を待つ事になっています。

ここ2、3日は晴天で気温も高く、一昨日は日中26度を越える夏日でした。月曜日からは気温がまた下がり雨になるようです。寒いのは嫌ですが、花粉症が良く飛ぶ乾燥した空気だったので、花粉症の人にも植物にも丁度良いお湿りになってくれる事を期待しています。

明日は復活祭の日曜日。昔は土曜日の夜中に復活祭を祝う為に教会へ行きましたが、最近は子供たちもまだ小さいし、と行く事がなくなりました。今年はこのCOVID-19 の折、人の集まる教会へ行くのは良くないので、矢張りやめておく事に。

明日は復活祭の兎が我が家に来ると、子供たちが楽しみにしています。用意した小さな籠にチョコやちょっとして贈り物を準備して隠しておきました。朝食後に探す予定です。イースターエッグは作る時間がなかったので、遅まきながら明日にでも子供たちと作ろうと思います。

f:id:Mimilein:20210404040753j:image

苺が美味しい季節になりました。パンケーキに苺の砂糖漬けとクワークをあわせて、美味しく頂きました。

f:id:Mimilein:20210404041104j:image

長男が大喜び🍓

 

 

 

長男の動物愛

エマです。

在宅勤務出来る業種につき、昨年3月半ばから出勤する事のほぼない日々。とはいえ仕事をしているし、子供たちの学校や習い事もあるので、基本日にち・曜日感覚は鈍ってはいない方だと思います。

しかし今週は何故か、土曜日就寝から日曜日早朝にかけて、時間感覚が麻痺してしまいました。半覚醒だっだからかもしれませんが、早起きの旦那が起きて、それにくっついて長男が起きると、「あ、今日は月曜日だった。週末が過ぎるの早いな。起きなきゃな…」と布団の中で思いつつ、暫くウジウジしていました。温かい布団に包まれながら、いや、矢張りおかしい、月曜日の筈ない。日曜日の朝に焼くパン、今週はまだ食べてない。そこでようやく自分の間違いに気がついたのでした。それから次男も起きがけにママに子守唄を歌いながら起きて行き(子守唄をよく歌ってくれます)、自分は布団で暫しぬくぬく。とはいえ殆ど目も覚めてしまったのですが、ぬくぬくの布団の中で半時間ほどゴロゴロ、ウトウト。それでも、月曜日と勘違いして目が覚めてしまって、何だか損した気分。こういう時、まだ日曜日だっだ、ラッキーと思える性格だったら良いのだろうな。半分水の入ったコップとおんなじ。

最近の長男、「お肉を食べない」と言う事が増えました。動物が殺されたり、それでお金儲けをする人が嫌なんだとか。とは言っても、元々お肉大好きな子、中々肉断ちをする事もなく。今日の夕飯は鶏肉とマッシュポテトでしたが、お肉はちょっとだけ食べ、ひたすらポテトを食べていました。矢張りお肉は食べたくないけれど、子供のうちは時々お肉も食べないといけないから、だそう。動物愛に溢れていますが、まだ「海苔って何から出来てるの?動物?健康?」と訊いてきたり、牛乳大好きだし、バターなどの乳製品の事や卵の事も、まだよく分からないところがあります。こうして自分で考えて、経験して、どうしたいか決めていけたら良いだろう。とはいえ、野菜食べてね。

長男の動物愛の余談。先日、日本語学校での授業テーマが昔話だったのもあり、就寝前に「さるかに」を読みました。松谷みよ子氏編纂の話は私も実は初めて。別の方編纂では描写がなかった場面に、猿に投げられた青柿に潰された蟹の腹から子蟹ががしゃがしゃ生まれ出でて泣くシーンがあります。それを聞いた長男がオイオイ泣くので、旦那に何読み聞かせてるの?と訊かれる始末。トラウマものの場面に、残りの仇討ち話では挽回出来ずに、今一つ盛り上がりませんでした。そもそも仇討ち話や勧善懲悪の話は日本的、アジア的。欧州では馴染みがないようです。それでも、悲しい場面を想像して涙が出るくらい、情緒がしっかり成長してきた証拠。これからも心優しくあれ。

さるかに (ものがたり絵本3)

さるかに (ものがたり絵本3)